観光名所の神戸

神戸は海の街と温泉の街の他にも、六甲山や三宮の繁華街、元町の中華街などがあり、観光客や旅行者を楽しませる街並みになっている。
阪神淡路大震災の後のことを考えると、飛躍的な発展である。

観光名所として名高く、常に人がやってくるのは事実。
六甲山で夜景を見る、遊覧船に乗って海を航海する、繁華街で買い物をする、温泉に浸かるなど、目的は様々だが、それでもその目的のために今日も神戸には人が訪れる。

となると、ホテルのニーズも高まってくる。ビジネスホテル、シティホテル、ラブホテル、旅館。
それぞれメリットとデメリットがあるわけだが、神戸を訪れる観光客のためにサービスをきちんと提供しているのは言うまでもない。
神戸を旅行する際は、無数あるホテルの中からお気に入りのホテルを選ばなければならない。
大変かもしれないが、一つ一つ違った料金、違った設備とサービスがあるので、その中でお気に入りの絞るのは難しいことではないはず。

安いほうがいいか、駅から近いほうがいいか、サービス満載のほうがいいか。その辺りは自己判断である。

あくまでホテルは旅行の中継ぎのようなポジションである。
ホテルのために旅行するとは言わない。が、快適な旅行を終始過ごすためにも、ホテルもきちんと自分にあったものを選ぶべきである。